1. 前傾姿勢の重要性
    ランニング時に体の前に出す部位が重要で、特に胸を前に突き出すことが重要です。
    この姿勢は、呼吸や腕振り、胸郭の動きなどをスムーズにし、骨盤の自然な動きを可能にします。

2.体重の中心をおへそ下に
人間の体の重心はおへその下にあり、これを前に出すことで安定したランニングフォームが得られます。
適切な姿勢を維持することで、関節の動きが向上し、疲れにくい走りが可能です。

  1. 上肢や下肢、胸郭の脱力
    疲れない走り方の要点は、上肢や下肢、胸郭の脱力です。指、手首、足首、肘、膝、肩、股関節などの関節を緩め、緊張を取り除くことが大切です。
    これにより、無駄な力が入らず、効率的なランニングが可能です。

4.姿勢の保持と動きの脱力
良いランニングフォームを維持するために、姿勢を保持し、上半身と下半身、胸郭を同時に脱力させることが必要です。
これにより、全身の関節が自然な動きをするため、疲れにくいランニングが実現します。

  1. 動きに意識を集中
    走りながら上半身や下半身、胸郭の動きに意識を集中し、それらを同時に脱力させる感覚を身につけることが重要です。
    これによって効果的なフォームが確立され、疲労を軽減できます。

Follow me!