1. ジョギングはランニングとは異なり、速さが基準であり、1キロ5分以上の速さで始めることが一般的である。ランニングが競技会や本格的なトレーニングを目的とするのに対し、ジョギングは健康づくりや軽い運動を主眼とした活動である。
  2. ジョギングには脳に良い影響があり、5分走るだけでも脳の海馬を活性化させ、情報伝達を担う神経細胞が増加することが示唆されている。この効果は脳の体積を増やし、ストレス発散にも寄与する。
  3. ジョギングはストレス発散に有効で、走ることで脳内でエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌され、ストレスや疲労感を和らげる効果がある。また、一人になることで人間関係のストレスも軽減される。
  4. 適度なジョギングは健康に良く、週8から32キロの範囲で行うと心疾患や脳卒中の死亡リスクが低下し、平均寿命が延びる可能性がある。生活習慣病の予防にも寄与する。
  5. ジョギングは睡眠の質を向上させ、朝と夜の適切なタイミングで行うことで良い睡眠が得られる。特に朝のジョギングは睡眠ホルモンの分泌を促進し、夜の眠気をサポートする効果がある。夜のジョギングは日中のストレスをリセットする効果がある。

Follow me!